カリスマブロガー『ヨス』のブログで成功するための9つのコツ

たいぞー
たいぞー
こんにちは、たいぞー(@taizo_chan)です

いきなりですが、これから紹介する本はブログの初心者向けに書かれた本ではありません。初心者にも

ですから、これからブログを始めたいという方にはレベルが高い内容でしょう。

▽こんな人にオススメ

ある程度ブログを書いてきた。少しはPVが稼げるになった

そういう中級者向けに書かれた本です。

ブログを3ヶ月以上書いて、記事数もたくさん溜まって来て、書くこと自体には苦労をしなくなって来た。

そこでふと思います。

これからどうすればいいの? 

そんな文章を書き慣れてきた、 何十記事も書いてきたそんな中級者はどのようにブログを書いていけば良いのか

この「ブログで成功するための9の鉄則」は、中級者がどういう風にブログを書けば良いのか、ブログを運営すれば良いのかという他に類を見ない観点から意見を提示してくれます。

 何を書けば良いのか?

自分が困ったこと

基本的に需要があるのは「自分が困ったこと」だと思います。 自分が困ったことって他人も困る可能性がありますよね。パソコンでも生活の中でも。その答えを記事で書くんです

自分が困ったことって、他の人も同じように困っているわけです。例えば、私はブログを始めた時に、何を書いて良いかわからないという悩みがありました。

どうすればアイデアが思いつくのだろうと考えているたら、どうやら天才や偉人はメモをたくさん取ってそこからアイデアを生み出していることに気づいたんですね。

そこから、天才とメモについての記事を書きました。

▽合わせて読みたい

自分と同じような悩みを持った人はどのように検索をするか、どういう風に記事を書けばその悩みを解決できるか。思い浮かばなければ過去の自分に語りかけるように書くのも良いですね。

自分が熱く語れて、検索されやすい分野

前述した『自分自身が困ったことを書け』と重複するのですが、読まれる記事とは検索する人が困ってることについて書かれてるもの

理想は自分が好きな分野で、かつ需要があり、検索されやすいものが良いでしょう。

筋トレが好きであれば、『筋トレ 方法』『筋トレ サプリメント』について書いていきます。

 

他のブログに勝つためには『わかりやすさが必要』

文章力が一番だと思います。 たぶん、ちょっとブログは特殊かもしれません。 よく言われるのが「中学生でも理解できる文章」ということですね

確かに、検索した時に、必要な情報がなかったり、詳しくかかれてなかったり、専門用語がたくさん書かれてあって、わかりづらいブログが多いです。

とにかくわかりやすく書く、これだけで他のブログに勝つことができます。

 

自分の扱うジャンルがマニアックな場合は「狭いものと、広いものを同時に扱う」

私のブログの記事は他のブログに比べると比較的マニアックな記事が多いです。

最近は食レポや商品レビュが増えましたが、全体としてはマニアックな記事が多めと言えるでしょう。

そんなマニアックな記事を書いてしまう私には悩みがありました。

『読まれない』『そもそも検索する人がいない』というものです。

でも、いろんなブロガーがいうように「自分が好きなことを書け」は徹底していました。好きでないことを書きたくないからです。

でも読まれない。どうすれば良いのかという苦悩がありました。その答えがこちらです。

好みがめちゃマニアックな場合は、好きなものの中で範囲を広げてみるのもおすすめです。 分度器が大好きな方だったら、ものさし、三角定規に広げる。たぶん、似てるものにも興味はあると思うんです。さらに、コンパスとか鉛筆にまで広げられるかもしれません。さらに広げてみると、実はモノ全体に興味があったと気づくかもしれません

私も自分がこれまで書いてきた記事は比較的マニアックなものばかりです。

例えば、『天才とメモ』『パスカル』『パレオダイエット』についてです。

▽合わせて読みたい

これらを書いた理由は、私が楽しく生きるための考え方、健康に生きるための知恵、天才の思考が好きだったからと抽象化できます。

さらに、もう一つの方法として提示されているのがこちら。

もう一つはとことん狭い範囲を攻める。その分野でとことん追求すると、たとえばテレビなどのメディアからお話がかかってくるかもしれません。けっきょくメディアの方も検索して調べますので。 イケダさんのいうとおり、ニッチなところとメジャーなところの両方を攻められるのが理想です

僕の知っているところでこのニッチな分野を極めてる人はパレオな男 のyu suzukiさんです。

yu suzukiさんは、本業はライターで、さらにダイエット・筋トレ・脳科学・心理学について非常に詳しい方です。

ブログきっかけで本を出し、ネット記事も書いています。特定のジャンルに詳しいと企業から仕事がもらえるようになります。

また、ニッチなことを書いていることが多く、ここでしか得られない情報があるためファンがつきやすいでしょう。

時間のない方はどうやって記事を書いていけば良いのか。

私はフルタイムで週5日仕事をしていて時間がありません。毎日毎日記事を書き続けるのは大変です。そういう人はどうすればいのか?

忙しい人は『一週間に一本、検索で読まれるような魂のこもった記事を、 ほかの日には時間をかけずに書ける内容のもの

検索で読まれるような魂のこもった記事とは、SEO対策がしっかりされた内容が充実した記事です。例として、まとめ記事やノウハウ記事。

 

効率的にブログを運営するには?

効率で言うと、まずは記事をいっぱい書いて、様子を見ます。記事は書いてから二~三ヶ月経たないと適切な検索順位にならないので! そういう意味ではどんなに良い記事でもいきなり上位に来ることはないともいえます。

私は、ブログ開始して三ヶ月間はひたすら毎日記事を書き続けました。しかし全然読まれませんでした。

ちょうど今の仕事を始めた5月辺りから忙しくなりブログを三ヶ月間ほぼ放置していたら、今月には月1万PV読まれるブログになっていました。

2〜3ヶ月の時差があることを実感しました。

で、アクセスを解析して、二~三ヶ月後、検索で上位に上がってきた記事をリライトし、ユーザーにとって読みやすく直すというのは良いですね

ブログを始めたばかりの人はどういうものが読まれるのか、需要があるのかということすらわからないでしょう。

私はブログを始めて半年目の今月になってようやく google analyticsで解析をするようになりました。

▽google analytics についてはこちら

私のブログは現在57記事ですが、読まれるものとそうでないものがはっきりしています。よく読まれているのが『HIIT』と『AliereGo』の記事です。

▽合わせて読みたい-----------------

これらの記事はよく読まれているため、細かなリライトを加え続けています。

読まれないものに労力を注いでも、そもそも需要がないため誰も読んでくれません。それって虚しいですよね。

読まれるものを書いていきましょう。

 

まとめ

この本は、ブログをある程度書いてきたがこれからどうしていけば良いのか悩んでいた私に『好きなことを書けば良い』ということを教えてくれました。

さらに掘り下げで『どうやって好きなことを書いて、たくさんの人に読んでもらうか』ということまで書かれていました。ここまで掘り下げて書かれたブログの本は他に読んだことがありません。

最後に、この本に書かれてある『ブログで成功するための9の鉄則』をあげます。

  1. 自分が熱く語れて、検索されやすい分野を見つける。
  2. 検索されやすい分野=自分が困ったこと。
  3. 「わかりやすさ」を徹底的に重視。
  4. 「わかりやすさ」とは、中学生でも理解できる文章。
  5. すべての記事が入り口である。
  6. 何の前提知識もない人たち――マス層に合わせた基準で書く。
  7. 記事の端々で見え隠れする書き手の個性や主張で共感させて、プロフィールに誘導し、ファンになってもらう。
  8. プロフィールページをしっかり書いて、信頼感を演出する。
  9. ファンは、SNSをフォローしてくれたりする人たち

このどれかでも気になったことあれば一読をお勧めします。

Kindleであれば540円。Kindle Unlimitedであれば無料で読めます。

ABOUT ME
taizochan
科学と人間の習性を利用して、「価値ある時間」を増幅させるノウハウを提供するTimeハッカー。 1990年生まれ。発声がまともにできない重度の吃音持ちで、20歳のころに耳下腺ガンと重度の全身アトピーを経験したが現在完治。 幸せに生きるためには「体」「心」「時間の使い方」を最適化すること必要と確信し、自ら実践してきたノウハウを提供することにより人類の幸せを最大化することを目指す。