ブログ運営

ブログをしたことがないのにブログをするメリットをあげてみる

ブログを読んだことも書いたこともないのに、いきなりブログを始めた初心者ブロガーのたいぞーです (@taizo_chan)です。今日からブログを始めました。

初心者でブログも書いたことはおろか、ほとんど読んだことがないわたしがブログを書くメリットを考えてみました。

といってもブログを始めたばかりでよくわかりません(笑)

そこで、ブロガーが読者とオフ会などで出会うときのメリットに限定して想像で書いてみます。

 

自己紹介がいらない

ブロガーはプライベートな情報を発信するので、前もって読者がブロガーの情報を知ることができます。

初対面の相手とする

  • 職業はなんですか
  • 学校はどこですか
  • 出身はどこですか
  • 好きな音楽はなんですか
  • 趣味はなんですか

という会話

こういうやりとり苦手だなぁ。

会話がぎこちなくて緊張する

なんて方は多いのではないかともいます。わたしがそれです(笑)

こういう会話は、相手に関する情報が少ないため話のきっかけをつくるためにしているのだとおもいます。

知っている相手にはこういう会話をしないですよね。

このぎこちない会話がなくなると思うだけですごく楽だなーと。

親近感をもたれる

単純接触の原理(法則)という「何度も会ったほうが相手と親しくなりやすい」という心理があります。(*1)

実際の人間同士の場合は何度も会わなければいけませんが、ブログというネットの場でブロガーにあっているような感覚をもちます。

読者はブログを通してブロガーに接しているので、実際に会うのは初めてでも心の距離が近いのかなと

そもそもブロガーに興味がある

読者ですから自分に興味があります。興味がないとそもそも読みませんよね。

自分に興味がない人と話すのはすごくしんどいです、わたしはきまづくて耐えられません。ですが、読者は何かしらのブロガーに興味をもってブログを読んでくれているわけなので仲良くなりやすいのかなと。

まとめ

妄想で書いてみましたが、わたしのような人見知りをしがちな人ほどブログをしたほうがいいのかなと。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

参考文献

(*1)はじめて出会う心理学 改訂版 (有斐閣アルマ)

はじめて出会う心理学 改訂版 (有斐閣アルマ)

はじめて出会う心理学 改訂版 (有斐閣アルマ)

長谷川 寿一, 東條 正城, 大島 尚, 丹野 義彦, 廣中 直行
2,160円(06/25 18:41時点)
発売日:2008/04/03
Amazonの情報を掲載しています
ABOUT ME
taizochan
1990年生まれ。20歳のころに耳下腺ガンを患う(現在完治)。その時に、心あたたかく、たのしく生きるため”陽だまり”のような思考と生き方を追求し実行することを決意する。パレオダイエッター。