iHerb

マグネシウムオイル・ローションはどれがおすすめ?実際に3種類使ってみた。

この記事は以下の方におすすめです。

  • マグネシウムオイルを使ったことがない人
  • どのマグネシウムオイルを使えばいいかわからない人
  • マグネシウムのサプリメントを飲んでいるけれども、オイルも試してみたい人

マグネシウムは体を正常に維持するのに非常に大切なミネラル。SLEEPでは、マグネシウムが体内においていかに大事かを語られています。

  1. マグネシウムが不足している人は80パーセントにものぼるという。
  2. マグネシウムを増やせば、身体が抱えるストレスはたちまち軽くなり、睡眠の質も改善する。
  3. マグネシウムが不足していると死期が早まる確率が2倍になるという。健康で長生きするためには、マグネシウムがつねに足りている状態にすることがカギとなる。

引用:SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術

▽マグネシウムについて詳しく知りたい方はあなたも不足している?マグネシウムの効果と不足すると起こる症状|Time Hackerを御覧ください。

あわせて読みたい
あなたも不足している?マグネシウムの効果とサプリメントマグネシウムは不足しやすいミネラルです。 体内にあるマグネシウムが不足すると、不眠症に陥ったり、偏頭痛といった症状が起こります。 ...

大手メーカーの3種類のマグネシウムオイルを使ってみた

ローションタイプのマグネシウムオイル

IMG 2395

Life Flo Health, マグネシウムローション、8オンス(237ml)です。

ローションと言ってもお化粧品で使う乳液のような質感です。この中にマグネシウムオイルが成分として含まれています。

マグネシウムは肌に湿り気がある方が吸収率がよいので、あとで紹介するスプレータイプのピュアマグネシウムオイルよりも、保湿成分が入っているローション・乳液タイプを肌に塗るほうが望ましいです。

使い方としては、寝る前に保湿したい部分に塗る。乳液として使うのがいいでしょう。

質感は、しっとりとなめらかなで、マグネシウムオイルを単体で使ったときほどのベタつく感じはありません。普通の乳液と同じように使えるかと思います。

ただし、マグネシウムは目に入ると染みますし、傷口があるところに塗ってもしみます。

使用する際は目の周りや傷口は避けて使用してくださいね。

IMG 2390

乳液としては文句がないくらいのクオリティなのですが、ミルクっぽい甘い匂いが好きになれませんでした。ローションにココナッツオイルが配合されているためです。

匂いはそれほどきつくなく、すこし香る程度なのですが、筋トレをしてシャワーを浴びてマグネシウムオイルを塗って「さぁ!でかけるぞ」というときには匂いが邪魔です。

寝る前に塗る場合は、全然問題ありません。

>>>iHerbで購入する「Life Flo Health, マグネシウムローション、8オンス(237ml)」

無香料タイプのピュアマグネシウムオイル

IMG 2393

Life Flo Health, ピュア マグネシウムオイル, 8 oz (237 ml)です。

こちらのマグネシウムオイル、オランダAncient Zechstein Seabedの100%純度の塩化マグネシウム塩水からつくられております。

オイルと言っても100%ピュアマグネシウム塩水、ちょっとベタつく質感からオイルと表現されております。

肌に塗って30分もすれば吸収されてしまいますのでこのベタつきはマグネシウム塩水の性質なのでしょう。IMG 2396

使い方としては1回の使用あたり4,5回プッシュして体に塗ります。

4回の噴射でマグネシウムを66mg摂れます。

1日の推奨摂取量が350mlなので1日に5回くらい塗らないと基準に達しません。

1日に5回体に塗るのは現実的ではないので、サプリメントと併用してマグネシウムを摂るのがいいでしょう。私はクエン酸マグネシウムのサプリメントも1日400mg飲んでます。

>>>iHerbで購入する「Life Flo Health, ピュア マグネシウムオイル, 8 oz (237 ml)

香料付きのマグネシウムオイル

IMG 2391

Life Flo Health, マグネシウムオイル、ナイトスプレー、カーミング&スージング、8 液体オンス(237 ml)

前述したピュアマグネシウムオイルに100%香料を入れたものです。

香料は寝る前に塗ることを想定しているため、ラベンダーを中心にカモミールなどの香りがブレンドされています。

といっても、アロマオイルのいい匂いというよりは人工的に作られた感のある匂いです。
普通にアロマを炊いたほうがよろしいかと思います。

私は、出勤前に運動をしてシャワーを浴び、そのあとにマグネシウムオイルを肌に塗ることが多いため、香料が入っていると使いづく使わなくなりました。

夜寝る前にプシュとお肌に塗る場合には問題ないでしょう。

>>>iHerbで購入する「Life Flo Health, マグネシウムオイル、ナイトスプレー、カーミング&スージング、8 液体オンス(237 ml)

マグネシウムを効率よく吸収するためののポイント

  • 肌に湿り気のある状態で塗る
  • 皮膚の温度が高い状態で塗る
  • 脇や頭皮に塗るのが最も吸収効率がいい

引用:Research on Transdermal Magnesium – The|Tides Wellness(経皮マグネシウムに関する研究)

タイミングとしてはお風呂上がりに塗るのがベストです。

保湿剤を塗ったあとにその上からマグネシウムオイルを塗るのもいいでしょう。

また、皮膚からの吸収率はどこに塗っても同じというわけではなくて、場所によって吸収しやすいところとそうでないところがあります。

報告によりますと、脇や頭皮からの吸収が最も優れているとありますが、私は特に気にせず、上半身全体に塗りたくったり、運動で疲労した部分に塗ったりしています

マグネシウムは大量摂取による副作用は特にないので気にしなくて良い

Recommend 315914 960 720

こんなにベタベタとマグネシウムを体に塗って、副作用がないのか?心配になるかもしれませんね。でも、大丈夫です。

▽参照サイト

食事・サプリからマグネシウムを取る場合には下痢の症状などが起こる

マグネシウムを塗りすぎることによる副作用は特にありません

食事やサプリメントで取る場合は、一度に摂取する量が多いと下痢の症状を起こすことがありますし、私も400mgを一度に取ると下痢の症状が出ます。

ですので、飲む場合には200mgを2回に分けて飲んでいます。

食物・サプリメントからの摂取の場合1日あたりマグネシウム5,000 mg超える場合)はマグネシウム中毒を引き起こす可能性がありますが、サプリメントを大量に摂取しても5000mg超えることはそうそうないので心配はいらないでしょう。

マグネシウムオイルを皮膚に塗る場合は関係ない

マグネシウムの大量摂取による副作用は、マグネシウムが水分を吸収しやすい性質があるからなので、肌に塗る場合には関係ありません

マグネシウムオイルを使うときの注意点

ヒリヒリする

マグネシウムオイルは強力であるためヒリヒリする感覚があります。

ですので、ムダ毛を処理した後や、けがをしている場合はその局所に塗るのはやめましょう。

普段使いでも、使用する量は少量で十分です。

スプレーをするか、ローションであれば肌に薄くのばすだけで結構です。慣れてきてから量を増やすのが望ましいでしょう。

塗ったところに白い粉がのこることがある

私は経験がありませんが、人によってはマグネシウムオイルが吸収しきれず、水分が蒸発しマグネシウム塩が皮膚上に残る場合があります。

特に問題があるわけではないので心配なさらずご使用ください。

まとめ:無香料タイプのピュアオイルが使いやすい

IMG 2393

海外製で香料が入った商品は匂いが好きになれないものが多く、自分の生活スタイル(出勤前に塗るなど)のにあった使い方ができないため、無香料のものが良いと思いました。

>>>iHerbで購入する「Life Flo Health, ピュア マグネシウムオイル, 8 oz (237 ml)

あわせて読みたい
あなたも不足している?マグネシウムの効果とサプリメントマグネシウムは不足しやすいミネラルです。 体内にあるマグネシウムが不足すると、不眠症に陥ったり、偏頭痛といった症状が起こります。 ...
あわせて読みたい
エプソムソルト (硫酸マグネシウム)のバスソルトを使うとお肌ツルツルになるし体が超あたたまる いろいろなバスソルトを使ってきましたが、ようやく満足のいく一品にたどり着いたので紹介します。 エプソムソルトとは? ...
あわせて読みたい
【2018年7月更新】iHerbで買えるおすすめのサプリメントなど私は今までサプリメントに200万円以上投資してきました。 そして日頃よくiHerbで年間5万円程度サプリメント・食品・日用品を購入...
ABOUT ME
taizochan
科学と人間の習性を利用して、「価値ある時間」を増幅させるノウハウを提供するTimeハッカー。 1990年生まれ。発声がまともにできない重度の吃音持ちで、20歳のころに耳下腺ガンと重度の全身アトピーを経験したが現在完治。 幸せに生きるためには「体」「心」「時間の使い方」を最適化すること必要と確信し、自ら実践してきたノウハウを提供することにより人類の幸せを最大化することを目指す。