そのとき、ボクは「Evernote」に出会った#1

どうも、Evernoteヘビーユーザーのたいぞーちゃん(@taizo_chan)です。

ボクは現在Evernoteを愛用しています。

その前は、紙のメモ帳、紙の日記を使用していました。

そして先月の中旬から、自分の行動をすべて記録しようと思い立ち、記録を始めました。

そこで紙のメモを取ることに限界を感じ、Evernoteにすべてを保存するためにはどうすればいいかを考えました。

現在、行動の記録、スケジュール、ブログのネタ等々、全てがEvernoteに保存されていると言っても過言ではありません。Evernoteはボクの第二の脳です

今回は愛用しているEvernoteとの出会いについて語ります。

メモを取る生活をしていた

1月下旬からメモを取り続ける生活を開始

「書きたいけど、なにを書いて良いかわからない」

「ネタがない」

ボクのブログはここからスタートしました。

ブログを始める二月一日の1週間前から、メモを取る生活を始めました。

メモを取るとは、「あたりまえの日常」に意識のメスを入れ、非日常として切り取ることです。何げなく行っていることを、意識する、見えるようにすることです。

何か行動するたびに、思いつくだびにメモを取る。

その生活は、日常の「あたりまえ」にも、多くの楽しみがあるということを、ボクに教えてくれました。楽しみ、刺激をキャッチするアンテナの反応が、飛躍的に良くなりました。

おかげでブログのネタには困らなくなりました

しかし、メモを取る生活を、続ければ続けるほど、膨大な紙の山が厚みを増していきます

アナログでは限界がある

ボクは1日20ページ以上書く

なんでも記録するという生活をしていたため、A4ノートに一日20ページ以上のメモを書いてました。続ければ続けるほどメモの量は増えていきます。

それは整理された美しいノートではありません。

ポストイットに書いたメモを貼り付けたような、汚いノートです。見返したとき、見づらくて仕方がありません。

↑2週間で書いたA4メモ。高さ4.5cm。

アナログメモの物質的限界

アナログメモには 物質的な限界があります。

膨大な記録をする人にとっては、 後から見返すときに、膨大な情報の扱いに困るのです使い勝手がわるいのです。

アナログメモのデメリットは4つ

アナログメモのデメリットは4つあります。それは

  1. 検索性の悪さ
  2. 情報量に限りがある
  3. 編集の難しさ
  4. 視認性の悪さ

ボクは、面倒くさがりで、欲張りな人間です。

ほしい情報を、ほしいときに、サッと検索できる。なるだけ多くの情報を収納できる。見返しやすい。加筆、整理、編集しやすい。きれいな文字で書かれてあって読みやすい。

アナログメモの使い勝手の悪さを解決してくれる夢のようなツールを求めました。

デジタルで管理できないか?

アナログメモには限界がある。では、デジタルで管理はできないか?と、ひらめきました。

「メモにはデジタルの可能性も残されてるではないか!」と

デジタルツールには検索機能がある。欲しい情報がすぐ引き出せる。情報量にも制限がない。

でも、何をつかえばいい・・・・。

・・・・・!そうだ!

みんなevernoteを使っているじゃないか。

そうだ!Evernoteがあるじゃないか!!

Evernoteとは

Evernoteは

  1. 「いつでも」
  2. 「どこでも」
  3. 「 なんでも」
  4. 「どの端末でも」

記録できる夢のようなツールです。

あなたが何か記録・保存をしたいと思ったときにの欲望をすべてをかなえてくれる。それがEvernoteです。

iPhone、パソコン、タブレット、どの端末でも使えます

テキストメモだけではなく、動画、画像、ワードファイル、PDF、音声メモ。何でも保存できます。

そして、ほとんどのアプリはEvernoteと共有・連携できるため、これ以上に連携性が強いアプリは存在しません。

アナログのデメリットをすべてクリアーする

アナログのメモのデメリットは4つ

  1. 検索性の悪さ
  2. 情報量に限りがある
  3. 編集の難しさ
  4. 視認性の悪さ

にありました。

これらのデメリットをEvernoteすべて解決してくれます。

Evernoteは素晴らしい!7つ理由

Evernoteのすばらしいところは

  1. 検索性(文字、画像、ワード、PDF内の文章まで検索できる)
  2. 無限に保存できる(月の容量制限があるが、全体量の制限はなし)
  3. 集約性(すべてを1つに保存できる)
  4. 編集が簡単(コピー&ペースト、ノート内にリンクを張って移動も可能)
  5. 視認性がよい(デジタルなので文字が見やすい)
  6. 多様なショートカットキー(スクリーンショット、新規作成、検索を一発で起動できる)
  7. 連携性(ほとんどのアプリがEvernoteに対応している)

と至れり尽くせり。

おわりに

逐一メモを取り続ける生活は、Evernoteにすべてを記録していく生活に変化しました。

アナログメモは相変わらず取り続けているのですが、そのほとんどはEvernoteに集約されています。

Evernoteは「あれなんだっけ?」「どこにいったっけ?」を全て解消してくれます

外出時に何を準備すれば良いのか、地震が起きたときにはどう行動すればいいのか。これらのリストをあらかじめEvernoteに作っておく。そうすることで心配事と悩みは格段に減ります。

何があっても「Evernoteがあるから大丈夫」

そう言える。素晴らしいアプリです。さぁインストールしましょう。

次回は、「Evernoteは人生を変え、あなただけの映画を作る」です。

▼合わせて読みたい------------------------- 

いらっしゃいませ。 あなたは大切な出来事を記録していますか? どうも、Evernoteヘビーユーザーのたいぞーちゃん(@taizo_chan...
どうも、1日中メモを取り続ける生活をしているたいぞーちゃん (@taizo_chan)です。 天才たちは、アイデアをどう生み出したのでしょ...
「何を書けば良いんだろう」     わたしのブログはここから始まりました。 どうも、初心者ブロガーのたいぞーちゃん(@taizo...

関連記事

カリスマブロガー『ヨス』のブログで成功するための9つのコツ

スタンディングデスクの効果を検証「12%以上仕事が早くなる」#1

【ツール】無料で使える文章校正ツールを3つ紹介

ブログをしたことがないのにブログをするメリットをあげてみる

あなたの「直感」は間違っている|行動経済学入門

天才の特徴はメモ魔!(シューベルト、ベートーヴェン)