Evernoteに全てを記録するために使っている4つのアプリ

たいぞー

たいぞー
こんにちは、たいぞー(@taizo_chan)です

この1年間Evernoteに自分の全てを記録してきました。
全てを記録するとは、例えば自分が行動したこと、何を思ったか、何を食べたかなどです。

なぜ全てを記録するのか。

行動の記録があると計画の見通しが立てやすくなるからです。

計画を立てるとき、ついつい調子に乗り、予定をガンガン詰め込んで、振り返ってみれば何もできてないなんてことがありませんか?

自分の能力がどれくらいかというのを知らずに計画を立てると失敗します。

まずは、自分の行動の記録にとりましょう。

全てを記録するツールとしてEvernoteは最適です。そこから計画を練り上げます。

今回は、計画を立てる前段階の記録する方法を教えましょう

全てを記録するためにEvernoteほど優れているものはありません。

いつでも、どこでも、なんでも、どの端末からでも使えるからです。

では、どのようにEvernoteに全てを記録すればいいのか。私が使っているアプリを紹介します

 Evernoteで全てを記録する

Twitterの発言を全て自動で記録する『ツイエバ』

ScreenshotTwitterで発言したことを1日の終わりに自動でEvernoteに送信します。

なぜ保存するか、自分のツイッターの使い方は2つあります。

有益な情報を届けるという目的で作られているTaizoと、なんでも思いついたことを記録するメモアカウントです。

皆に有益だと思ったことは自分が良い!と感動したものなので、翌日、1週間後にまた読み直すことによって記憶していきます。1回読んだだけではノウハウは絶対に身つきません。

何度も何度も読み込んで染み渡らせ十天してみてようやくノウハウを自分のものにできるからです。

復習のタイミングは東大薬学部の脳科学者・池谷によると無意識な記憶の保存期間は1カ月程度といわれています。最低でも1カ月以内に読み直すようにしましょう。
▽ちなみに池谷裕二氏がいう最適な復習のタイミングはこちら

*学習した翌日に1回目(の復習)
* 1週間後に2回目
* 2週間後に3回目
* 1カ月後に4回目

チェック

「復習4回」で脳をダマすことができる | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

▽ツイエバはこちら

自分の行動の地図を作ろう『Taskuma』

私は自分の生活・行動することを全てマニュアル化・リスト化しています。

行動のリストを作ることによって、自分がどれにどのくらいの時間を使っているかを把握することができます。

例えば、歯磨きであれば7分、出勤前の準備であれば15分といったように、どれにどのくらいの時間がかかるのかをはっきりと把握します。

1日は24時間ありますが、家事をし睡眠をとり、仕事に8時間かかるとすると、1日に本当に自由に使える時間って2〜3時間くらいしかありません。

1日2〜3時間を有効に活用するために、どの時間に何をするかという枠組みが必要でしょう。

その1日の行動の枠組みを作るのがタスク管理です。

Taskumaは慣れるのに時間がかかるアプリですが本当に時間がなくて忙しい方にオススメします。

▽詳しくはこちらのページを参照

▽Taskumaの使い方が書かれた公式ガイドブック。導入時にはお世話になりました。

▽アプリはこちら

素早く起動して、素早く送信のメモアプリ『Fastever』

FastEver 2はEvernoteに素早く簡単にメモを保存するためのアプリです。

何が一番いいってアプリを起動するとすぐに入力画面になるところ。

アイデアメモや備忘録などすぐに記録痛い時に最適。

チェックボックス・位置情報・日時をワンタッチで入力できます。

写真の挿入も簡単で、メモに特化した最強のアプリ。

デメリットは有料アプリで480円であるところくらい。

メールも記事も全て保存しよう『ウェブクリッパー』

Unnamed
何かサイト会員登録した際のに送られてくるメールに書かれているパスワード、ID、番号なんて覚えていませんよね?

必要な時に「あれなんだったけなー」と探し回らなくても、検索すればできるようにEvernoteに保存しておくと楽ですよね。

そんな時はGoogle Chromeの拡張機能『ウェブクリッパー』してさっと保存しておくのががオススメ

メールだけでなく、記事も保存できるため、お気に入りの記事をとりあえず保存しておいて、あとで読み直すなんて使い方もできちゃいます。

移動ログを残そう『MOVES』

Movesはあなたの日々の生活とエクササイズを自動でトラッキングします。

使い方は、起動して携帯電話をポケットやバッグに入れておくだけ。

これ、何月何日にどこに何時間滞在したかってのも記録に残るため、あとで振り返るときに便利。
例えばディスニーランドに何度も行ったことある人でも、
家からディスニーランド行くのに移動時間がどれくらい時間がかかって、どれくらいの時間遊んで、何時くらいに帰ったという記録が残っていれば、次に行くときに計画が立てやすいです。

Moves
無料
(2017.09.06時点)
posted with ポチレバ

関連記事

Evernoteは人生を変え、あなただけの映画を作る#2

そのとき、ボクは「Evernote」に出会った#1