Mac

Mac・iPhoneで音声入力を15ヶ月してきたブロガーが選ぶ最高のアプリはこれ

この記事はこんな人にオススメです。

  1. 素早くメモを残したい方
  2. 音声入力をしてみたいけれどもどのソフトを使えばいいかわからない
  3. 話した方がメモを残しやすい人

私はフルタイムで働きながら、ブログやアフィリエイトの記事を毎日2,3記事書いております

どうして多くの記事を書くことができるの?と疑問に思われるでしょうが、

文章を速く書き、時間を短縮しているからです。

文章を速くかければ、文章を書く時間も短くなりますし、多くの文章を書けます。

しかし、文章を早く書くためには、パソコンであればタイピングスピードをあげなければなりません。

スマートフォンであればフリッカー入力のスピードをあげなければなりません。

タイピング速度やフリッカー入力の速度を上げることは可能ではありますが、それには非常に多くの時間が必要です

しかし、音声入力使えば一瞬で文章が書けます

そして音声入力は、タイピングと違い練習がほとんど必要ありませんし、タイピングよりも速く入力できるのです。

この記事では私が MacBook や iPhone で使っている入力ツールを実際に紹介していきます。

Macで音声入力をする方法

MacOS SierraのSiriで音声入力をする

Macは元から音声入力機能が備えつけられております。

fnキーを2回押しますと、音声入力モードに入ります。

Screenshot 2018 07 17 18 26 45

▽詳しくは、Apple公式サポートで確認を

>>>Mac でテキストを音声入力する – Apple サポート

Siriの音声入力はそこそこ使えます。

「、」「。」「改行」といった入力にも対応しており、拡張音声入力モードであればオフライン状態でも使用できるため便利。

しかし、入力の精度は80〜85%といったところ。

また、話してから文章に書き起こされるまでタイムラグがありますので「高速」で文章を書き上げることはできません。

入力精度が素晴らしいGoogleドキュメント

Macの標準音声入力では満足ができなかったため、Googleドキュメントの音声入力を多用するようになりました。
Screenshot 2018 07 17 16 53 53
▽Googleドキュメント公式ホームページ
>>>Google ドキュメント – オンラインでドキュメントを作成、編集できる無料サービス

command+shift+s で音声入力モードになります

まず、入力精度が素晴らしい!95%くらいの精度で入力してくれるため、訂正する回数も少なくてすみます。

ただし、デメリットもあります。

  • 「、」「。」「改行」といった入力を音声で入力できない
  • 音声入力の途中で。変換が止まることがある

変換が途中で止まったときは、command+shift+sを繰り返し押すことによって、再度使えるようになります。Googleドキュメントは自動保存・自動同期されるため、同期・保存の時に止まるよう。

とはいっても、macのSiri音声入力よりも変換精度が高く、早口で話しても問題なく高速で入力ができます

さらに、Googleドキュメントは、画像の文章の文字を書き起こしてくれる機能がある

▽詳しくはこちらのツイートの画像を参照

Dictanot

最終的にはDictanotをヘビーユースすることになりました。

>>>note | Dictanote

Screenshot 2018 07 17 17 36 07

ctrl+Shift+Sで音声入力できます。

Googleと同じくらいの素晴らしい入力精度に加え、音声入力に特化しているため、音声入力中に変換が止まるということがありません。

入力精度がGoogleとほぼ同じで、サインアップ・ログインをGoogleアカウントで行うので、Googleの音声入力システムを利用していると思われます。

無料版(有料は月3ドル)ではノートを1ページしか保存できませんが、音声入力にしか使用しないので十分でしょう。

デメリットは、「、」「。」「改行」といった入力を音声で入力できないこと。

有料版ではカスタム音声入力が使えるため、このデメリットが解消。いよいよ完璧なアプリになるわけです。

▽ダークモードでの使用もできますし、各種言語に対応しております。

Screenshot 2018 07 17 17 29 52

音声入力がうまくいかない?

Googleドキュメントで音声入力をしているときに、「音声が聞き取れません」と表示が出るときがあります。

理由はマイクの入力音量が小さいから。

ですので、マイクの入力音量を上げましょう。

環境設定を開き、サウンドを開きます。

NewImage

サウンド→入力を選択し、マイクの入力音量を最大にします。

NewImage

MacでGoogleドキュメントやDictanoteといった音声入力アプリを使っていると、MacのSiri音声入力が使えなくなるエラーが度々発生します。

そのときは以下の記事を参照にして、音声入力システムをリセットしてください。

あわせて読みたい
Macの音声入力ができなくなった場合の対処法を徹底検証記事はこんな人にオススメです Mac の音声入力を使っていたが、なぜか使えなくなってしまった人 音声入力自体は使えるが、...

音声入力に適したマイクは?

イヤフォンであれば、Apple純正の白いイヤフォンがマイクの音質がめちゃくちゃ良いです。

▽Amazonや楽天などで買えるイヤホンはほとんど偽物です。純正品はAppleストアのネットストアか店舗で3000円くらいで購入できます。

iPhone イヤホン 純正 正規品 (iPhone本体付属品)

iPhone イヤホン 純正 正規品 (iPhone本体付属品)

1,730円(10/20 12:03時点)
Amazonの情報を掲載しています

また、ノートパソコンはディスプレイ周辺にマイクを内蔵しているので、ディスプレイに向かって話しかけるだけで音声を認識してくれるでしょう。

しかし、ノートパソコンを閉じてクラムシェルモードで使っていたり、デスクトップ型のパソコンの人は別にマイクを購入する必要がありますよね。

▽私はこれを使っています。

▽裏面に「くっつき虫」をつけて、モニター近くの壁に貼っております。

コクヨ ひっつき虫 はってはがせる 粘着剤 タ-380N

コクヨ ひっつき虫 はってはがせる 粘着剤 タ-380N

129円(10/20 12:03時点)
Amazonの情報を掲載しています

▽裏面にペタッと

▽壁にペタッと

iPhoneの音声入力

Siri音声入力

iPhone・iPadにはSiriの音声入力機能が備わっています。

詳しくは、公式ホームページ参照

>>>iPhone、iPad、iPod touch で音声入力を使う – Apple サポート

一番すぐれているところはテキスト入力であれば、ほとんどのアプリで使えるという汎用性の高さでしょう。

通常、音声入力アプリは音声入力アプリ内でしか文字が入力できません。Siriはキーボードに備え付けの機能ですのでどのアプリ・Webサービスでも使えるのが良いですね。

2017年12月のアップデートから、話した文章をほぼリアルタイムでテキスト化されるので入力速度も高速

入力精度は85%といった感じ。この後に紹介する「Speechy」には劣ります。

Siriは以下の入力にも対応。

  1. 「てん」→、
  2. 「まる」→。
  3. 「かぎかっこ」→「
  4. 「カギかっこ閉じる」→」
  5. 改行、点といった入力コマンド

その他、詳しい使い方は公式ホームページを参照してください。

>>>iPhone、iPad、iPod touch で音声入力を使う – Apple サポート

デメリットは、

  • 長時間の連続入力ができない
  • バックグランド入力ができない

といったところでしょうか。

Speechy

Speechyは、最新の人工知能と強力な音声認識エンジンをベースにした使いやすいリアルタイム音声入力アプリケーション。

バックグラウンドで録音・文章変換が可能で、長時間の連続入力にも対応しているため、インタビューや会議の録音としても使用可能です。

あらゆる音声入力を使ってきていますが、変換精度はピカイチ。90〜95%くらいの変換精度を誇ります。これは先ほど紹介したSiriの音声入力よりも優秀

音声入力で文字お越しだけがメインであればこれ以上のアプリは今のとこ存在しません。(ほかにあれば教えていただけると嬉しいです。

▽Speechyで音声入力をしてみました。文章はこちらから引用。


Siriと同じように以下の記号の入力に対応しております。

  1. 「てん」→、
  2. 「まる」→。
  3. 「かぎかっこ」→「
  4. 「カギかっこ閉じる」→」
音声をテキストに変換する - Speechy Lite

音声をテキストに変換する – Speechy Lite

shoki kin無料posted withアプリーチ

まとめ

音声入力でメモを残す、ブログを書くという文書作成に特化なら、MacではDictanote、iPhoneではSpeechyがベストでしょう。

簡単なメモをラインやTwitterに残したいといった場合には、Mac・iPhoneともにSiri音声入力を使うのがベストですね。

ABOUT ME
taizochan
科学と人間の習性を利用して、「価値ある時間」を増幅させるノウハウを提供するTimeハッカー。 1990年生まれ。発声がまともにできない重度の吃音持ちで、20歳のころに耳下腺ガンと重度の全身アトピーを経験したが現在完治。 幸せに生きるためには「体」「心」「時間の使い方」を最適化すること必要と確信し、自ら実践してきたノウハウを提供することにより人類の幸せを最大化することを目指す。