天才と偉人と古典

頑張りすぎて疲れたときは「宇宙へ挑む男」植松努のTEDを見よう

目標に向かって頑張り続けている時に、ポッキリと心がおれることがあります。

夢や目標がある。

でも、その夢を親や友達か反対される。ネットで批判される。

自分がやりたいと思っていこと、ワクワクすることに向かってがむしゃらになって頑張っているのに、反対・批判されると「本当に正しいのかな」「無理なんじゃないかな」と疑問に思い、夢や目標を投げ出したくなる時があります。

自分のやりたいことをやっているのに、人の役に立つと思っているのに周りから理解されたない。

『どうせ無理』『そういう夢は才能がある人にしかできない』そんな風に反対されたことありませんか?

この動画はそういう心が弱った人、夢がある人に力を与えてくれます。

 

私はこの動画が大好きで、精神的に疲れた時に、元気をもらいたい時など、何回も何回もこの動画をよく見ていました。

20分程度の比較的長めの動画で、話術に長けているわけでもありませんが、植松さんの人間的魅力ぐっと引き込まれれ気づいたら見終わっている動画です。

▽この動画を文字起こした記事もありますので、お忙しい方はこちら
「どうせ無理」は、ラクしたいから 宇宙へ挑む男が語る、自信の育て方・奪い方

ABOUT ME
taizochan
科学と人間の習性を利用して、「価値ある時間」を増幅させるノウハウを提供するTimeハッカー。 1990年生まれ。発声がまともにできない重度の吃音持ちで、20歳のころに耳下腺ガンと重度の全身アトピーを経験したが現在完治。 幸せに生きるためには「体」「心」「時間の使い方」を最適化すること必要と確信し、自ら実践してきたノウハウを提供することにより人類の幸せを最大化することを目指す。