天才と偉人と古典

天才の特徴はメモ魔!(ゲーテ、ナポレオン)

どうも、1日中メモを取り続ける生活を送っているたいぞーです (@taizo_chan)です。

初心者ブロガーだった私は、はじめから何を書いていいのかわからないという状態におちいり、それをメモをとることによって、解決しました。

メモ魔になったことで頭の中がごちゃごちゃすることが少なくなりました。また、考える・発想すること自体がとても楽しいのです。

あるとき、ふと、疑問が浮かびます。

じゃあほかの人はメモをとっているのか?

もっと言えば偉人や天才はメモをたくさん取っていたのでは?

さっそく調べてみました。

ゲーテ

プロフィール

ゲーテ 〖Johann Wolfgang von Goethe〗 1749~1832

ドイツの詩人・作家。「若きウェルテルの悩み」などで,シュトゥルム-ウント-ドラング(疾風怒濤(どとう))運動の旗手として活躍。シラーとともにドイツ古典主義を完成。また,自然科学の領域でも業績をあげた。戯曲「ファウスト」「エグモント」,叙事詩「ヘルマンとドロテーア」,小説「ウィルヘルム-マイスター」,自伝「詩と真実」,自然科学論集「色彩論」など。

引用元:スーパー大辞林3.0 (C) Sanseido Co., Ltd. 2012

ゲーテとメモ

ゲーテとの対話(現代教養文庫) 12ページからの引用です。ゲーテとの対話 上 (岩波文庫)であれば58ページです。

これは詩人が詩を作るときに大きな作品・すごい作品を作ろうと思わず、現在を表現することに集中したほうがいいという意味の発言です。

詩人が詩を作るときだけでなく、文章をかく人、何かを作る人にも共通すると思います

この文章の前の部分をわたしなりに意訳して書いてみます。

すごい作品をつくろうとするとそのことで頭がいっぱいになってしまう。すごい作品をつくることことばかりを考えると、現在を生きることそれ自身の楽しみが失われてしまう

現在は現在の価値がある。心の中に毎日うかんでくるものは言葉で表現されることを求めている、表現されなければいけない」

すごい作品を作ろうとすると、その考えが現在を表現しようとするときに邪魔になるのだ」

私は始めからすごいブログを作ってやるぞーと思っていました。

そんなことを考えながら、記事を書こうとするのですから、頭はそればかり気になってしまいます。

書いてはみるのですが、これじゃだめだ、こんなんじゃとても人に見せられないと消してしまい、結局なにも書けないという日々を送りました。

そこでハードルをさげて、なんでもいいからその時に感じたことはその時にメモをとることにしました。

その時に感じたものはその時にしかなくて、その感情はもう2度と同じように表現できないという教訓になりました。

ゲーテとの対話 上 (岩波文庫 赤 409-1)

ゲーテとの対話 上 (岩波文庫 赤 409-1)

エッカーマン
1,080円(12/11 21:36時点)
発売日: 1968/11/16
Amazonの情報を掲載しています

ナポレオン

プロフィール

ナポレオン 〖Napoléon〗  〔Napoléon Bonaparte〕1769~1821

フランス第一帝政の皇帝(在位 [始]1804~[終]1815)。コルシカ島の下級貴族出身。砲兵士官としてフランス革命に参加,王党派の鎮圧に活躍。1799年クーデターにより統領政府を樹立,第一統領となりナポレオン法典編纂・産業保護など近代化に努める。1804年皇帝に即位,列国と交戦を重ねイギリスを除く全ヨーロッパをほぼ制圧した。

引用元:スーパー大辞林3.0 (C) Sanseido Co., Ltd. 2012

ナポレオンとメモ

ナポレオンはメモ魔でした。

すこし短いのでもう少し引用を

「大臣たちの報告書に関する彼のたくさんの覚書や、彼の個人的な手紙の数々はもちろん彼自身の筆になるものであり、年代的には執政政府の時代から帝政の末期にまで及んでいる。とはいえ彼はそれよりも多くの口述をした。」

ナポレオン言行録(岩波文庫、33~34ページ)

メモや手紙をたくさん書いていたみたいです。それと喋ったことも部下に書かせていたみたいですね。メモ魔ですね(笑)

執政政府の時代から帝政の末期(1799~1815)までですから約16年間におよぶ膨大な量の手書きのメモと口述。半端ないです。

「わたしナポレオンと同じことしてたんだ、わーいヾ(*´∀`*)ノ」と調子に乗っていた気分が吹きとびました。

ナポレオン言行録 (岩波文庫 青 435-1)

ナポレオン言行録 (岩波文庫 青 435-1)

発売日: 1983/09/16
Amazonの情報を掲載しています

ナポレオンの書いた言葉が読めます。詩的で情熱的な人です。

ナポレオン (潮文学ライブラリー)

ナポレオン (潮文学ライブラリー)

鶴見 祐輔
1,543円(12/12 14:22時点)
発売日: 2000/12/01
Amazonの情報を掲載しています

岩波の「ナポレオン言行録」は小説ではないので読みにくいです。
そこで、鶴見祐輔のナポレオン。雄々しく繊細な文体に陶酔すること間違いなし。

まとめ

  • すごい作品を作ろうと思わない。いま感じ取れるものを精一杯表現する。
  • 思いつくものはとにかく吐き出す。アウトプットが大事だ

ということです。

ボクは散歩をするときもメモを取っているので、人の視線が少し気になっていたのですが、ゲーテが言ってんだぞ、ナポレオンがやってんだぞという記録が残っているだけでも心強いです(笑

ABOUT ME
taizochan
科学と人間の習性を利用して、「価値ある時間」を増幅させるノウハウを提供するTimeハッカー。 1990年生まれ。発声がまともにできない重度の吃音持ちで、20歳のころに耳下腺ガンと重度の全身アトピーを経験したが現在完治。 幸せに生きるためには「体」「心」「時間の使い方」を最適化すること必要と確信し、自ら実践してきたノウハウを提供することにより人類の幸せを最大化することを目指す。